3つの基本方針

  • イメージ

    小規模保育に特化

    平成27年4月に開始した子ども子育て支援新制度における小規模保育所は、待機児童の多くを占める低年齢児(0歳~2歳)保育の大きな受け皿になると考えられます。質の高い小規模保育所を増やしていくことで、社会問題化している待機児童問題解決に貢献します。

  • イメージ

    常に保育の質の向上を目指す

    当社は奇をてらった保育方針は持たず、保育所保育指針に基づいた運営で養護・教育の質が高く、保護者が子どもを安心して預けることができる保育所の運営をすることに経営資源を集中する方針です。第三者の目を積極的に取り入れながら常に改善を図って参ります。

  • イメージ

    子どもと職員の笑顔が
    あふれる保育所

    ストレスを抱えた保育士が子どもの保育を実施しても、質の高い保育はできません。心身ともに充実し、ストレスを抱えない職員が笑顔で働くことができる職場環境をつくることを重視しています。

年齢別保育の考え方

  • イメージ

    特定の保育士との信頼関係が築けるよう配慮した保育を実施します。応答的な言葉がけ等を行い、情緒の安定を図ります。排泄では清潔になる事の心地よさを感じるようにオムツ替えを実施します。保育所での生活のリズムが整うよう配慮します。

  • イメージ

    保育所という未知の世界で、友達や保育士との関わりの中で、様々なものに興味をもち、活発に関わるように毎月の養護・教育の内容を設定します。食事では最後にはこぼしながらも一人で最後まで食事ができるようにします。排泄はオムツ外しの準備段階であるので、オムツが汚れていたら取り替えたいと思うこと、トイレに座ってみることを促します。

  • イメージ

    自分の言葉で思いを伝えられるようになるよう心掛けて保育を行います。基本的な生活習慣を身に付けられる年齢であり、友達と楽しく遊ぶことができることを目標とします。食事では苦手なものも励まされて最後まで食べられるように援助します。排泄は最終的に自分からトイレに行って排尿・排便ができるよう養護・教育を行います。

職員方針

職員の質の向上のために、自治体主催等の外部研修には積極的に参加し、
研修内容を保育士全体で共有します。
研修を受けたうえで、実際に何をして園の保育の質を改善するかが最も重 要なので、OJT(On the job training)で改善策を皆で考え、実行に移すことができる職員を増やして参ります。
また施設長が中心となり、内部研修も定期的に実施します
(保育内容、環境、食事について、トイレトレーニング、食育等)。

【職員募集】 ※要保育士資格
当社が運営する保育所での勤務を希望される方は
お電話かEmailでご一報ください。
電話:045-785-1277 Email:

イメージ

運営実績

川崎市
川崎みどり保育園
平成27年開所
TEL:044-589-8877
川崎市川崎区榎町7-1
川崎認定保育園

イメージ

詳しく見る

横浜市
江田ひまわり保育園
平成28年開所
TEL:045-532-5566
横浜市青葉区荏田西2-35-1-105
小規模認可保育所A型

イメージ

室内写真

横浜市
たまプラーザぽんた保育室
平成29年開所
TEL:045-532-6687
横浜市青葉区美しが丘1-23-5
小規模認可保育所A型

イメージ

室内写真

千葉市
西千葉たんぽぽ保育室
平成28年開所
TEL:043-307-3418
千葉市中央区松波4-22-10
小規模認可保育所A型

イメージ

室内写真

千葉市
稲毛ふわり保育室
平成29年開所
TEL:043-307-3005
千葉市稲毛区小仲台6-19-16
小規模認可保育所A型

イメージ

室内写真